デジタル・アナログの考え方

アナログイメージ

アナログ的な考え方とデジタル的な考え方、今後はどちらが有利になるのでしょうか。
今は圧倒的にデジタルの方が強いような気がしますが、アナログのよさを見直されてきているのは確かです。

ものによってどちらがいいかは、大きく分かれていくかもしれませんね。
ハンコは当然アナログだと思っていたのに、今ではエクセルなどで印鑑が使えるようにもなりました。

当然、実際にパソコンの画面に向かってはんこを押すわけではありません。
パソコンのデータ上で、印鑑があつかえるようになっていますから、実物のハンコは必要ないわけです。
紙がデータ化してしまったことで、印鑑もデータ化されてしまったわけですね。

これらは平面的なものですから、デジタル化には向いているものでしょう。
今まではアナログな事が普通だと思っていたものがだんだんと形を変え、デジタル化が普通となっていく時代はすぐにやってくるはずです。

平面的なものをあつかうのは、デジタルの得意分野ですからね。
逆にどう頑張っても絶対にデジタル化できないようなものもあります。

実際に手で触って感触を得るような立体物などがそうですね。
電子化されたソファーでは座ることは出来ませんし、食べ物だっておなかの中に入っていかないでしょう。

これは、人間がアナログなものである証拠です。
これらを必要としている人間がアナログである限りは、立体物が電子化されることは無いというわけです。

人間がデジタル化してしまったら、まさにゲームを行っているような感覚になってしまうことでしょう。
そういったテーマをとりあげた映画や本などもありますが、今の私達が生きているうちには、そのような話が現実になることはないはずです。

〔人気のWEBサイトのご紹介〕

印鑑のネット購入なら【ハンコヤドットコム】がオススメ。

オーソドックスな黒水牛・象牙印鑑から、カラー印鑑、キャラクター印鑑まではんこの種類が豊富です!
さらに、欲しい印鑑が最短即日出荷可能なので、お急ぎの場合でも安心です!

ページの先頭へ